インターネット、お電話、対面で気軽に相談。数多くの商品があなたのお悩みを即解決します!

健康

2019.03.05

目薬をさしたときに味を感じるのはなぜ?

アレルギーやドライアイで目薬が手放せない季節となりました。

目薬がのどをつたって、口の中で味を感じることはありませんか?
目薬をさした後、目の結膜や角膜に吸収されなかった薬液は、目頭にある涙点をいう部分から涙管という管を通り鼻、さらには口へと流れていき、味を感じることになります。

この流れは涙の排泄ルートと同じで。口の中で味が感じられるのは、余分な薬液が排出されていることになりますので、目薬のさし過ぎ、あるいは正しく点眼できずに目に吸収されていないことの目安になります。

苦みを感じる成分としては、マレイン酸クロルフェニラミン(抗ヒスタミン剤)、塩酸ナファゾリン(血管収縮剤)、スルファメトキサゾールナトリウム(抗菌剤)があります。
甘みを感じる成分としては、グリチルリチン酸二カリウム(抗炎症剤)があります。

ちなみに目薬を寝る直前に使用するのは、起きている場合と比較して薬液が長時間滞留しやすいため、止めた方がよいとされています。正しい使い方で目の健康を保っていきましょう。

人気記事ランキング

2019.06.17

UVインデックスとは

近年、紫外線を浴びすぎると皮膚がんや白内障になりやすいことが明らかになっていま……

もっと見る

2019.04.22

地中海ダイエットはわずか数日でも持久力を高める!?

地中海型ダイエットは、アスリートの持久運動能力を、わずか4日間で有意に高めてく……

もっと見る

2019.04.11

入浴 vs シャワー浴

最近の調査では、特に若者が湯船に浸からずシャワー浴で済ます割合が多いことが明ら……

もっと見る

2019.04.08

赤ラズベリーは糖尿病前症の血糖制御に役立つ可能性

赤ラズペリーを食事に含めることは糖尿病前症やインスリン抵抗性のある患者の血糖値……

もっと見る

2019.03.25

コーヒー(カフェイン)と運動の関係

カフェインは運動パフォーマンスの向上効果があるとして、アスリートに好んで摂取さ……

もっと見る

2019.03.22

ブルーベリーの「青」は血圧を下げるのに役立ちます

健康な人が、ブルーベリーを毎日200g、1カ月間食べた結果、血管機能が改善され……

もっと見る